AGAおよび自毛植毛の内容と注意点

AGAとは、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれている男性の薄毛の多くを占める症状です。男性的な特徴を形成するホルモンの分泌量が低下する事で、それを補うために生産される物質が原因の症状です。頭皮に皮脂が過剰分泌されるので、初期の状態では激しい痒みが生じます。皮脂により毛根は塞がれてしまうので、徐々に頭皮の色も変化していきます。毛根が完全に塞がれてしまうと頭髪は成長する事が出来なくなり、薄毛になってしまうというのがAGAの内容です。

また、自毛植毛というのはこのAGAの症状を克服する最終的な手段ともいえます。自分の後頭部など強い毛根を持つ髪の毛組織をそのまま生え際などの弱い部分に移植する方法です。

原因物質が生産されている限りは、皮脂の分泌は継続されます。育毛剤や食事療法を行い頭髪の成長を促進させようとしても思うような効果が発揮されないのは、皮脂が妨害しているからです。このためにAGAに対しては、血行を促進させたり頭髪に栄養を与えるような行動をとっても薄毛の進行が止まらないケースが多くみられます。しかし現在ではAGAに対しての治療薬が開発されているので、症状の進行を防止する事が出来るようになっています。

AGA治療薬は、男性ホルモンが皮脂の分泌の作用を持つ物質に変換されるのを防止するという内容です。皮脂の分泌が止まる事により、再び頭髪は成長するようになります。既に臨床実験において効果は認められており、医療機関での治療にも用いられています。AGAに限定して効果を発揮する治療薬であり、全ての薄毛に有効という事ではありません。妊娠している女性がこの治療薬に触れた場合は、胎児の生殖器に異常が発生する可能性があるという事が注意点です。

女性の薄毛に関しても治療が必要な時代です。特に東京などでは女性薄毛の治療に力を入れているクリニックも増えています。専門のクリニックもあり、女性がストレスなく薄毛の治療に専念できる環境が整えられています。一般的なAGAとは異なる原因で起こる女性の薄毛もあれば、AGAによる原因で起こる女性の薄毛もあります。画一的な治療では改善が見込めませんので、心配な人は一度ドクターに相談してみると良いでしょう。薄毛治療に精通した熟練のドクターが在籍する病院の情報はこちら⇒女性 薄毛 治療 東京

コメントはまだありません

AGA(男性型脱毛症)の治療方法は?

20代30代男性に見られる若はげは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる毛が薄くなる症状です。何らかの対処をしないと、薄毛や脱毛はますます進行してしまいます。AGAの治療は内科や発毛外来などで行われますが、どういった内容なのでしょうか。
病院でのAGA治療は、薬の処方、栄養指導、レーザー機器での毛細胞の活性化などがあります。その中でも日本皮膚科学会が「強く勧められる」としているのは、内服薬フィステナリドと外用薬ミノキシジルの2つです。フィステナリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)というAGAの原因となる物質の分泌を抑制します。ミノキシジルは、頭皮の血行を良くして、毛の生育に最適な環境を整え、髪の成長を促進させます。
この2つは、以前は、額からはげるM型薄毛、後頭部からはげるO型薄毛、両方がはげる混合型薄毛によって使い分けられていました。M型にはフィステナリド、O型にはミノキシジル、混合型には両方のお薬といった具合です。ですが最近では、薄毛や脱毛の進行の形に関係なく両方を服用した方が効果があると考えられ、2つとも処方する病院が増えています。
気になる副作用ですが、フィステナリドは性欲減退や男性機能の不調が起こることがあります。お薬で薄毛の原因物質DHTが男性ホルモンから作られるのを抑えるので、男性の更年期障害に似た副作用が起こるのです。もう1つのミノキシジルは、胸の痛みや動悸、頭皮のかぶれなどが起きることがあります。ただ、副作用の発生率は100人に1人です。治療現場ではそれよりも少ないという意見もあります。若はげに悩んでいる方は正しい知識を持って、AGA対策に取り組みましょう。

コメントはまだありません

若ハゲのケアに気を配った美容院を利用しよう

今や4人に1人が悩んでいるとされる若ハゲ。 帽子やウィッグを使用する方も多いですが、薄毛は髪型を変えるだけでも自分のイメージアップにつなげることができます。 若ハゲや薄毛に悩む方は美容院を利用する際、頭皮のケアを行ってくれる店を選ぶことをおすすめします。

カットやパーマ、カラーリングなどの技術的な店は若ハゲの対処にはほとんど効果はありません。 育毛や薄毛に関するプロのカウンセリングやケアを行ってくれる美容院は薄毛や頭皮を目立たなくする技術を持った美容師も多く、薄毛をカバーしながらおしゃれなヘアースタイルを楽しむことも可能です。 また髪の質だけではなく、頭皮のケアを行ってくれる美容院では使用するシャンプーも育毛に有用なものを使っていますからプロのケアを受けることができます。

美容院で使用するシャンプーによっては薄毛の原因になるものもあります。 髪のカットをする場合はヘアケアに気を配ってくれる店を利用すると良いでしょう。

若ハゲは年齢が若ければ若いほど気になってしまうものです。 中には「苦痛で死にたい」「周囲から見下されているようで死にたい」など深刻な心の悩みに発展してしまう方もいます。

若ハゲは見た目が変わってしまうため、どうしても悲観的になってしまいます。 一度悲観的な考えを持ってしまうと、あらゆる物事に対して消極的になり引きこもりに陥ってしまうケースもあります。

若ハゲで悩むあまり自分を追い詰めてしまうのはNG。 まずは自分がこの先どうなりたいのか考えることが重要です。 「死にたい」とすべてを諦めてしまっては打開策は見つかりませんから、回復する方法を積極的に探してみることが改善への大きな一歩だと言えるでしょう。

若ハゲで人生が終わるということはありません。 薄毛が目立たない髪型に変えるなど工夫してみることで解消法が見えてくるかもしれません。 生活習慣の改善や専門の病院での治療など正しい対策を行い、症状の改善を目指しましょう。

コメントはまだありません

AGAの治療法にはどのような種類があるの?

AGAの治療法にはいくつかの種類があります。 しかも、その治療法によっては発毛を促してくれるものもあれば、これ以上、薄毛や抜け毛が悪化しないように食い止める現状維持を目指すものもあります。一般的にはAGAの治療法としてプロペシアの処方があります。 通常は1日1錠の服用となり、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、これ以上のAGAの進行を防ぐ働きがあります。

ただ、AGAといえば、このプロペシアの処方だけで終わってしまう病院も多いようです。 さらに一歩踏み込むならば、プロペシアだけでなく、ミノキシジルとの併用で治療していくという種類もありますが、これは病院によっても様々です。

AGA治療を専門に行っているクリニックでは、育毛メソセラピーという種類の治療法を取り入れているところもあります。 これはプロペシアやミノキシジルを頭皮に直接注入するというタイプの治療法で、内服薬では効果がなかった場合などに有効な治療法といえます。

個人的には初期段階ならプロペシア、後期段階なら育毛メソセラピー、終焉段階なら植毛か増毛か、って思っています。育毛メソセラピーは頭皮の毛根に直接注入できる方法で非常に有益な治療法だとされています。実際に病院を選ぶ際も育毛メソセラピー重視で選ぶ人も多いくらいです。

ちなみに、育毛メソセラピーを中心とした治療法で値段も手ごろなところは銀クリですね。東京の銀座にある毛髪専門のクリニックです。東京に住んでいる方やその近辺の県に住まれているのであれば、月に1回程度の通院で済みますので検討してみると良いですね。

コメントはまだありません

女性薄毛に効果が期待できる内服薬パントガール

薄毛治療の内服薬には、プロペシアやロテニンなどがあります。 これらは男性用で、女性が服用することはできませんでした。女性薄毛の場合には、外用薬や育毛メソセラピーなどの治療方法が用いられていましたが、外用薬は内服薬に比べて効果が出にくく、育毛メソセラピーは高額の治療費がかかるというデメリットがありました。

しかし、女性薄毛に対応できるパントガールという内服薬の出現で、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症の場合には、薄毛や抜け毛を改善して発毛を促す効果を得られるようになりました。パントガールは世界でも効果と安全性が認められた女性薄毛の治療薬で、費用を抑えた薄毛治療が手軽に行えるようになったと言われています。 また、副作用も少なく安全性も高いので、長期に渡って安心して利用することができるのではないでしょうか。

入手方法は、医師に処方してもらうか個人輸入なので購入する方法があります。 実際に使った方のほとんどが、使用後1ヶ月くらいで、髪に弾力が出たり、ハリやコシが出たりしてきたと効果を実感しているようです。なかなか育毛剤の効果が得られなかったりしている場合にはパントガールを使ってみるといいかもしれませんね。

最近だとパントスチンっていう外用薬も開発されたみたいです。最先端の病院などでは治療に活用されているようです。パントスチンは女性のFAGAに特化した育毛剤だと聞いています。また後日パントスチンを取り上げて記事にしてみたいと思いますのでお楽しみに!

【関連】見栄っ張りの女性を襲うAGA

コメントはまだありません

ステロイド入りのムヒhd効き目は抜群だけど気になる副作用は

一家に一台といっても過言ではないでしょう。 「ムヒ」どこのご家庭にもありますよね。 そんなムヒがいま要注意の薬としてひそかに話題となっています。ムヒhdという商品ですが、お聞きになったことはあるでしょうか。 ムヒhdに、アトピーの方にはなじみの深いプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)ステロイドが使われているというのです。 ムヒhdに直接ステロイドとの記載はありませんが、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)というのが、まさにステロイドなのです。

ステロイドの効果の高さは多くの方がご存知かと思いますが、効き目の高い成分であるからこそ、副作用を避けることができないようなのです。ステロイドの副作用は、皮膚の感染症、副腎皮質機能の低下、白内障と深刻なものばかりです。 本来ですと、ステロイドはこのような副作用があることから、素人判断で使用するのは危険な薬なのです。 ムヒhdにステロイドが配合されていて、それば簡単に子供でも誰でも薬局で買うことができるというのは、ちょっと信じがたい事実ですよね。

個人的には週に1回くらいは頭皮ニキビなどが出来たりした部分に使っている気がしますね。別に副作用などは感じたことがないです。アトピーとか皮膚が弱い人は注意したほうが良いかもしれませんが、そうでなければ気にしすぎる必要はないのかなぁというのが私の感想です。

コメントはまだありません

同級生の結婚式でハゲを馬鹿にされる

同級生の結婚式って、ある意味同窓会みたいな感じですよね?数年ぶりに再開する友人の姿を見て、おーお前太ったなぁ~、おーお前老けたなぁ~、とか。その中で一番の話題になるのが若ハゲです!

これって本人には言わず、本人がいないところで「あいつハゲたよな?」って陰口をたたかれるのは全国津々浦々共通かと思います。私自身、若ハゲの身ですので陰口をたたかれているのは自覚しています。

しかし、つらいですよね。昔は自分が上だと思っていた後輩から下に見られているのではないかとか、そういうことを考えるとブルーになります。まぁこういうこと言う時点で自分が小物だなぁって自分でも思うのですが…。

同窓会でハゲを隠すために増毛していく人もいるみたいですね。よほどハゲを隠したい執念なのでしょうが、私はそこまでは思わないですね。実際、坊主にしているハゲの人を見るとカッコいいなぁって思いますし、治療の成果が出ないのであれば自分も坊主にしようって思っていますから。

治療を決意したきっかけは転職のときだったんですが、同窓会の後とか結婚式の後に治療を開始するAGA男性は多いようです。分かりますね。ハゲってどうしてマイナスで見られてしまうのでしょうかね。文化が変わればハゲで悩むこともなくなると思うのですが、日本ではまず無理でしょうね。

後、思ったのがハゲの人を見ると不健康だって思う女性もいるみたいですよ。これは私の中の良い女性の友達から聞かされたことなのですが、そういう風にみている女性も少なからずいるってことですね。

コメントはまだありません

AGAの進行を食い止めるための方法について

AGAが発症すると、抜け毛が徐々に進行していき、いずれは広範囲にハゲが広がってしまいます。 ですから、抜け毛に気づいたらできるだけ早い段階で進行を食い止めるための対処をすることが必要となります。

AGAの進行は放っておいては止まってくれませんから、しっかりとした治療を行う必要があります。 今AGAの進行を食い止めるための一番の方法とされているのは薬を使った方法です。

プロペシアに代表される治療薬はAGAの原因となっている男性ホルモンの働きを抑制する効果を持っています。 この男性ホルモンは脱毛を引き起こす作用があるため、それを抑制することで抜け毛を防ぎ薄毛の進行を食い止めることができます。

ただし、これだけではあくまでも薄毛が広がるのを防いだだけに過ぎません。 当然薄毛に悩む人は元通りのフサフサの髪に戻りたいと考えているでしょうから、進行を食い止めると同時に、発毛や育毛の効果のある薬や育毛剤を使用することが望ましいですね。専門医に任せるという方法も有効ですね。

コメントはまだありません

育毛クリニックを大阪市で探すなら

AGAで悩む大阪市民なら、大阪にある専門クリニックを訪れてみるのもいいかもしれません。 大阪は近畿圏でも中心となる大都市です。 男性型脱毛症を専門とするクリニックや医院も多数あるのです。

数が多いということは、そのなかに良質の医者がいる可能性も高くなります。 また、医者も経営者ですから患者を呼びたいと思いますし、そういった競争の激しい場所ではいい治療をして評判を上げないとどんどん患者を取られてしまうでしょう。

育毛クリニックを大阪市内で探すのであれば、インターネットが便利です。 ネット検索でたくさんの情報が手に入ります。 ただしクリニックすべてが良質の病院とは限りません。 口コミなどの個別情報も重要になってきます。

AGAで苦しむ男性が大阪市に多いかというと、そういうわけではないのです。 全国に薄毛やハゲを気にして生きている男性は多数います。 ただ、自分の境遇への反応は地方によって違うかもしれません。 東北や東京の男性は恥ずかしくて隅にひっそり目立たないようにしているだけが多いでしょう。 大阪人は逆に自分の境遇をネタに笑いをとる余裕がありそうです。

AGAの人に多い特徴が頭皮の荒れです。頭皮の荒れについても触れておきます。周囲から、不潔だと思われるんだろうなと思いつつも、頭皮のかゆみをじっと我慢するというのは難しいですよね。 かかずしては、どうしても頭皮のかゆみを押さえることはできません。じつは、頭皮のかゆみというのは不潔な印象とは裏腹に、頭皮を清潔にしている人ほど発生しやすいといわれています。

原因はさまざまなものがありますが、代表的なものは、シャンプーのしすぎ。 洗浄力の強いシャンプーは、頭皮にとって必要となる皮脂まで根こそぎ取り去ってしまいます。 皮脂がなくなってしまった頭皮は、その皮脂を補おうと必死で分泌します。 それば結果、空気中のばい菌やごみを混ざり合い、頭皮のかゆみを引き起こしてしまうのです。

頭皮にかゆみ対処法として、つぼ押しがありますのでご紹介します。 そのつぼは、両耳の付け根部分のちょっとへこんだところになります。 ここを軽く10秒程度おすことで、簡単に頭皮のかゆみを抑えることができるといわれています。 もちろん、つぼを押したからといって不潔な印象を持たれることはありませんので、ご安心を!

コメントはまだありません

AGAは年齢に関係なく深刻な悩み

AGAとは男性型脱毛症のことです。 ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが毛根に悪さをして髪を薄くしていきます。 このジヒドロテストステロンは男性らしい筋骨たくましい体を作ることに関しては素晴らしい働きをするのですが、こと頭髪となるとハゲや薄毛にしてしまうのです。

年を取ってくると髪の毛が薄くなっていく加齢による脱毛とは根本的に違います。 若くても中年でも年齢に関係なくなってしまうのがAGAなのです。

AGAは年齢に関係なく発症するといいましたが、早い男性では十代で発症する方もいるのです。 いわゆる若年性脱毛症です。 異性にモテたい盛りの男の子が若年性脱毛症になってしまうと、恥ずかしくて異性にアプローチできなかったり、女性からの口さがないののしりに晒されて女性恐怖症になってしまうこともあるようです。

十代の女性、いや女の子は相手への感情移入や思いやりに欠けていることも多く、平気で傷つけることをいってしまいがちです。 そうです、AGAは年齢に関係なく深刻な症状なのです。

コメントはまだありません