Archives for 6月 2014

AGAおよび自毛植毛の内容と注意点

AGAとは、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれている男性の薄毛の多くを占める症状です。男性的な特徴を形成するホルモンの分泌量が低下する事で、それを補うために生産される物質が原因の症状です。頭皮に皮脂が過剰分泌されるので、初期の状態では激しい痒みが生じます。皮脂により毛根は塞がれてしまうので、徐々に頭皮の色も変化していきます。毛根が完全に塞がれてしまうと頭髪は成長する事が出来なくなり、薄毛になってしまうというのがAGAの内容です。

また、自毛植毛というのはこのAGAの症状を克服する最終的な手段ともいえます。自分の後頭部など強い毛根を持つ髪の毛組織をそのまま生え際などの弱い部分に移植する方法です。

原因物質が生産されている限りは、皮脂の分泌は継続されます。育毛剤や食事療法を行い頭髪の成長を促進させようとしても思うような効果が発揮されないのは、皮脂が妨害しているからです。このためにAGAに対しては、血行を促進させたり頭髪に栄養を与えるような行動をとっても薄毛の進行が止まらないケースが多くみられます。しかし現在ではAGAに対しての治療薬が開発されているので、症状の進行を防止する事が出来るようになっています。

AGA治療薬は、男性ホルモンが皮脂の分泌の作用を持つ物質に変換されるのを防止するという内容です。皮脂の分泌が止まる事により、再び頭髪は成長するようになります。既に臨床実験において効果は認められており、医療機関での治療にも用いられています。AGAに限定して効果を発揮する治療薬であり、全ての薄毛に有効という事ではありません。妊娠している女性がこの治療薬に触れた場合は、胎児の生殖器に異常が発生する可能性があるという事が注意点です。

女性の薄毛に関しても治療が必要な時代です。特に東京などでは女性薄毛の治療に力を入れているクリニックも増えています。専門のクリニックもあり、女性がストレスなく薄毛の治療に専念できる環境が整えられています。一般的なAGAとは異なる原因で起こる女性の薄毛もあれば、AGAによる原因で起こる女性の薄毛もあります。画一的な治療では改善が見込めませんので、心配な人は一度ドクターに相談してみると良いでしょう。薄毛治療に精通した熟練のドクターが在籍する病院の情報はこちら⇒女性 薄毛 治療 東京

コメントはまだありません

AGA(男性型脱毛症)の治療方法は?

20代30代男性に見られる若はげは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる毛が薄くなる症状です。何らかの対処をしないと、薄毛や脱毛はますます進行してしまいます。AGAの治療は内科や発毛外来などで行われますが、どういった内容なのでしょうか。
病院でのAGA治療は、薬の処方、栄養指導、レーザー機器での毛細胞の活性化などがあります。その中でも日本皮膚科学会が「強く勧められる」としているのは、内服薬フィステナリドと外用薬ミノキシジルの2つです。フィステナリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)というAGAの原因となる物質の分泌を抑制します。ミノキシジルは、頭皮の血行を良くして、毛の生育に最適な環境を整え、髪の成長を促進させます。
この2つは、以前は、額からはげるM型薄毛、後頭部からはげるO型薄毛、両方がはげる混合型薄毛によって使い分けられていました。M型にはフィステナリド、O型にはミノキシジル、混合型には両方のお薬といった具合です。ですが最近では、薄毛や脱毛の進行の形に関係なく両方を服用した方が効果があると考えられ、2つとも処方する病院が増えています。
気になる副作用ですが、フィステナリドは性欲減退や男性機能の不調が起こることがあります。お薬で薄毛の原因物質DHTが男性ホルモンから作られるのを抑えるので、男性の更年期障害に似た副作用が起こるのです。もう1つのミノキシジルは、胸の痛みや動悸、頭皮のかぶれなどが起きることがあります。ただ、副作用の発生率は100人に1人です。治療現場ではそれよりも少ないという意見もあります。若はげに悩んでいる方は正しい知識を持って、AGA対策に取り組みましょう。

コメントはまだありません