AGAの治療法にはいくつかの種類があります。 しかも、その治療法によっては発毛を促してくれるものもあれば、これ以上、薄毛や抜け毛が悪化しないように食い止める現状維持を目指すものもあります。一般的にはAGAの治療法としてプロペシアの処方があります。 通常は1日1錠の服用となり、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、これ以上のAGAの進行を防ぐ働きがあります。

ただ、AGAといえば、このプロペシアの処方だけで終わってしまう病院も多いようです。 さらに一歩踏み込むならば、プロペシアだけでなく、ミノキシジルとの併用で治療していくという種類もありますが、これは病院によっても様々です。

AGA治療を専門に行っているクリニックでは、育毛メソセラピーという種類の治療法を取り入れているところもあります。 これはプロペシアやミノキシジルを頭皮に直接注入するというタイプの治療法で、内服薬では効果がなかった場合などに有効な治療法といえます。

個人的には初期段階ならプロペシア、後期段階なら育毛メソセラピー、終焉段階なら植毛か増毛か、って思っています。育毛メソセラピーは頭皮の毛根に直接注入できる方法で非常に有益な治療法だとされています。実際に病院を選ぶ際も育毛メソセラピー重視で選ぶ人も多いくらいです。

ちなみに、育毛メソセラピーを中心とした治療法で値段も手ごろなところは銀クリですね。東京の銀座にある毛髪専門のクリニックです。東京に住んでいる方やその近辺の県に住まれているのであれば、月に1回程度の通院で済みますので検討してみると良いですね。