20代30代男性に見られる若はげは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる毛が薄くなる症状です。何らかの対処をしないと、薄毛や脱毛はますます進行してしまいます。AGAの治療は内科や発毛外来などで行われますが、どういった内容なのでしょうか。
病院でのAGA治療は、薬の処方、栄養指導、レーザー機器での毛細胞の活性化などがあります。その中でも日本皮膚科学会が「強く勧められる」としているのは、内服薬フィステナリドと外用薬ミノキシジルの2つです。フィステナリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)というAGAの原因となる物質の分泌を抑制します。ミノキシジルは、頭皮の血行を良くして、毛の生育に最適な環境を整え、髪の成長を促進させます。
この2つは、以前は、額からはげるM型薄毛、後頭部からはげるO型薄毛、両方がはげる混合型薄毛によって使い分けられていました。M型にはフィステナリド、O型にはミノキシジル、混合型には両方のお薬といった具合です。ですが最近では、薄毛や脱毛の進行の形に関係なく両方を服用した方が効果があると考えられ、2つとも処方する病院が増えています。
気になる副作用ですが、フィステナリドは性欲減退や男性機能の不調が起こることがあります。お薬で薄毛の原因物質DHTが男性ホルモンから作られるのを抑えるので、男性の更年期障害に似た副作用が起こるのです。もう1つのミノキシジルは、胸の痛みや動悸、頭皮のかぶれなどが起きることがあります。ただ、副作用の発生率は100人に1人です。治療現場ではそれよりも少ないという意見もあります。若はげに悩んでいる方は正しい知識を持って、AGA対策に取り組みましょう。