アロエの効果を利用したサプリメント

アロエにはさまざまな効果があるのでサプリメント商品としても話題になっています。アロエは昔から胃の健康や皮膚の傷などに効果があえる薬として世界中で使われてきました。アロエにはアロイン、アロエウルシン、ムチンなどの薬効ある成分があり、これらは胃に効きます。

アロインはアロエの皮の部分に含まれる、アロエの苦みの成分です。体内で活性化されると、胃や腸の活動を活発にして消化を助け、お通じもよくする効果を発揮します。アロエウルシンは胃の炎症を抑えてくれるほか、組織を回復させてくれる作用で胃粘膜を修復する効果が期待できます。

胃の内部で血が出ているような場合であっても、粘膜を治し血を止めてくれる効果があります。アロエのサプリメントによって胃の粘膜が保護され、胃潰瘍や胃炎を予防したり、改善することができるでしょう。アロエに含まれるアロインは大腸のぜんどう運動を活発にして、便秘を改善する効果があります。ぜんどう運動っていうのは、腸の中のものを運ぶための運動ですね。便秘の人はこれが弱っていたりします。

便秘の原因として上げられる主なものは、大腸の中の水分が不足し、腸の運動が低下することです。慢性の便秘に悩んでいた人がアロエエキスをサプリメントで摂取したところ、便通があって便秘が直ったというケースがあります。アロエが持っている成分の働きにより、大腸の内部の水分が増加し、ぜんどう運動が活発になったためと考えられます。

アロエに持つ成分であるムチンは高い保湿作用を持っています。このためアロエを利用することでお肌の保水をすることができ、お肌を柔軟に保ち美肌効果を得ることができます。アロエには健康に良い成分がたくさん含まれていますので、サプリメントなどを使ってうまく取り入れていきましょう。

間接的にはなりますが、髪や頭皮の健康にも良い結果を与える事になるでしょう。アロエと聞くとやけどをしたときに付けるものってイメージが大きいですが、健康維持のために意識して取り入れてみると良いかもしれませんね。今度通っているAGA病院の専門医に相談してみようかと思います。

コメントはまだありません

AGAの芸能人は毎日気が気ではない

AGAで悩んでいるのは一般人だけではありません。 そう、テレビに出るような有名な芸能人も薄毛で苦しんでいるのです。

考えてみれば、AGAのような見た目に直結するトラブルは、一般人よりも芸能人のほうが痛手といえるでしょう。 テレビに映ればみんなに頭の毛をチェックされてしまいます。 最近の地デジテレビは解像度が高いので、女性もシミやソバカスを隠しきれないと悩みが多いようですが、男性だって髪の薄さを隠しきれなくなっています

特にカツラを使用している有名人は本当に気を遣うと思います。 変に勢いよく頭を下げればカツラが脱げてしまうリスクが高いからです。 普通の人であれば社内や取引先にばれるくらいでしょうが、有名人ともなれば日本全国でうわさされ、2チャンネルでスレが立てられ、ユーチューブには動画がアップされてしまいます。

そんなリスクを考えてか、自分はカツラを着用している、実はAGA治療をしているとカミングアウトする芸能人も増えているのです。 いっそカミングアウトしてしまったほうが、気が楽になるのでしょう。

コメントはまだありません

見栄っ張りの女性を襲うAGA

AGAとは男性型脱毛症。 ということは男性オンリーの疾患と思いきや、実は女性にも多いのです。 男性の場合と同じように薄毛に悩む女性の多くが男性ホルモンの影響を受けているようです。とはいうものの男性の場合は完全にツルッとハゲてしまうことも多くあるのに対し、女性はそこまでひどい薄毛は稀です。 それはやはり女性には男性ホルモンがもともと少な目であるからのようです。

女性のAGAの場合にはFemaleのFをつけてFAGAと呼んでいます。 男性ホルモンのほかに貧血や冷え症、栄養不足なども重なって薄毛が進行している場合もあり、いくつかの治療を組み合わせて進めることが多いようです。見た目重視の女性が増えているので、無理なダイエットやサプリメントの多用から薄毛を発症してしまう女性も多く、美しくありたい一心が逆に女の命である髪を台無しにしてしまっているという皮肉な結果があるようです。 見栄はほどほどにしたほうがいいようですね。

特に20代などで薄毛になると女性は非常に精神的ストレスを感じるようです。最近髪の毛にハリがなくなってきたとか、抜け毛が増えてきたように感じるとか。そういった変化を感じるのであれば早めにケアしてあげましょう。

頭皮の環境は、髪の状態にも影響します。つまり、頭皮の環境が悪ければ抜け毛や薄毛の原因にもなるということです。 頭皮の環境に悪影響を与える要因となるものはいろいろとありますが、意外なことにシャンプー後にドライヤーなどを使用せずに自然乾燥というのも頭皮の環境を悪化させる原因の一つと考えられているのです。

髪を自然乾燥してしまうと、頭皮の角質が剥がれやすくなります。しかも、頭皮が湿っている時間が長く続くために雑菌も繁殖しやすい頭皮環境になってしまいます。 これだけではなく他にも影響があり、毛根の開きも引き起こすため髪自体の水分が保てなくなり、髪のパサつきが気になるなど、髪の傷みの原因にもなるのです。 もちろん、ドライヤーを使用することも髪の傷みに影響するのですが、やはり自然乾燥の影響は頭皮にも髪にも良くありません。

薄毛だけではなく、頭皮のにおいの原因にもなったり、フケ、かゆみなども引き起こします。 ドライヤーの熱を頭皮に当てるのもあまり良いことではないですので、熱を長時間あて続けないよう髪の根元からある程度離した状態を保って、ムダに時間をかけずにさっと乾かしていくというのが理想的です。

ドライヤーは髪が傷むからと言って自然乾燥を習慣化してしまうと余計に髪も頭皮も弱ってしまいますので、できるだけ湿った状態を長く続かせないように乾かすことを心がけましょう。 このようなちょっとした意識付けだけでも頭皮環境の改善に役立つことがあります。保湿する育毛剤などもありますので上手に活用しましょう。参考:20代女性育毛剤.com

コメントはまだありません

AGAは近くに通院するか専門医にするか

AGAは特に早い年齢で発症した場合には、かなりの確率でコンプレックスになるでしょう。 顔は若いのに頭髪はまるで50代、60代のおじさんであれば、どんなに性格が良くても多くのOLは相手にしないものです。 男は顔じゃないよ、心だよ。 そう映画ではいいますが、男は顔じゃないよ、髪の毛だよ。 髪で悩む男性ほどそう思うでしょう。

そんな現状を打開するのであれば、皮膚科や美容外科に通院して治療を受けるのもいいでしょう。 AGAの治療は長く続く治療となることが多いものです。 薄くなっていくときも徐々に、徐々に薄れていったことでしょう。 治療をして濃くなっていくときも徐々に、徐々に濃くなっていくケースが多いと思われます。

通院する病院を選ぶときには、自宅近くで通いやすいクリニックを選ぶか、たとえ遠くても信頼の置けるAGA専門医に通院するか、選ばなければなりません。 いずれにしても、朝起きて鏡を見て髪が濃くなってきたら、嬉しくて嬉しくて誰かれ構わず話したくなるでしょう。

各都道府県にAGAを治療できる病院はあるかと思いますが、私の故郷でもある福岡でのAGA病院探しならこちらのサイトをご参考ください。AGA病院福岡.bizでは、福岡にあるおすすめのAGA専門医がいる病院が紹介されています。

年を重ねれば重ねるほど、気になりますよね、将来はげるのではないのかということ。 年と重ねるといっても、それは50代、60代の話ではありません。 みなさんもご存知のように、たとえ30代の方であっても、20代の方であっても、はげていらっしゃる方ははげています。 すこしでも将来はげないような対策、ないものですかね。

ところで、抜け毛対策のためには、頭皮を清潔に保つことが一番。 シャンプーを念入りに行い、頭皮の皮脂をしっかり落とさなければならないとお思いではないでしょうか。 実はこれ間違っているようなのです。頭皮を清潔にするためには、シャンプーを念入りに行うのではなく、シャンプー後のすすぎを念入りに行うことが大切なのです。

そして、頭皮を保湿すること。 保湿といえば、やっぱり化粧水です。 頭皮ですと直接塗るのも大変でしょうから、化粧水をスプレーボトルにいれかえ、丁寧にスプレーします。 とくに気になる生え際は念入りに。 化粧水によって、頭皮が乾燥による皮脂の分泌過多を防止してくれるのです。

コメントはまだありません

もともとは高血圧の薬として開発されたミノキシジルの副作用

育毛剤の成分として有名なミノキシジルですが、この成分はもともと高血圧の治療に使用する降圧剤として研究が進められてきた成分です。

開発途中で発毛効果があるのではないかとわかり、育毛剤の成分として使用されるようになりましたが、ミノキシジルには発毛・育毛効果だけでなく、血管を拡張する効果もあるのです。

この特徴をよく知らずにミノキシジルを含んだ育毛剤を使用している人が少なくありません。

ミノキシジルを使用することで、血圧が下がりすぎてしまうという副作用が出てしまうこともあるので、注意が必要です。

もともと低血圧の人や高血圧の治療のために薬を服用している人は副作用を避けるためにも使用を控えるか使用前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

低血圧に限らず、ミノキシジルの副作用としては様々な症状が報告されています。

この成分を含んだ女性用の育毛剤も販売されていますが、女性の中には低血圧に悩む人も多いので注意が必要です。

コメントはまだありません

AGA治療を決意したのは転職のタイミングでした

私はいわゆる転職組でして、大学卒業と同時に入社した会社を3年でリタイアしました。理由はいろいろとあるのですが、一番は人間関係の軋轢に疲れてしまったことです。一部上場企業でそこそこ有名な会社ですので、親戚からは立派な社会人だと評価されることが多かったのですが、実際にはブラック企業とまでは言わなくても、とても過酷な労働環境だったと思います。

徹夜で仕事をさせたりなどは、私のころにはさすがに無くなっていましたが、それでも納期がきつく、自宅に持ち帰って寝ずにまた出社するってことは頻繁にありました。

同僚の女性社員は鬱行になってしまい、休職を繰り返していましたし、同僚で辞めた人間は1人や2人ではありません。それほど、長く務める人が少ない会社でした。

 

私は大学生のころからAGA気味の髪型をしていたので、周りの友人たちからは「はげ丸」などと呼ばれたりしていましたが、そういった職場環境の影響が更に私の頭髪を傷めつけたのです。

おかげで社会人3年目になるころには、立派すぎるほどの若ハゲになりました。満員電車でも隣になった人が自然と僕の顔を見て、そのあと生え際に視線が伸びていくのがつらかったです。

おそらく「この年でハゲて、大変だなぁ~」なんて思われていたのではないでしょうか?

そのころは仕事が忙しくて疲労困憊状態でしたので、周りからどう見られても良いやって投げやりな生活を送っていました。おかげで髪型なども寝起きに近い感じでしたし、AGA丸出しの状態でした。

 

しかし、このままでは流石にまずいなぁって思ったのです。普通に結婚して、子供を持って、幸せな家庭で平凡な人生を送っていきたい!そんな人並みの夢もありました。

そこで、まずは自分には合っていない職場環境を改めることから始めたのです。

最初は直属の上司に報告し、そのあと課長、部長、そして社長へと辞職の意を伝えました。昔ながらのピラミッド型の企業で、ホウレンソウが絶対の会社ですので、辞める時もとにかく時間がかかってうんざりしました。

3日連続で上司たちに辞職を思いとどまるようにと、説得の飲み会を開いてもらいましたが、私の意志は固く、最後は穏便に辞職することが出来ました。そのことは非常に良かったと今でも思っています。

 

その後、次の職の当てもなく止めた私は、まずは職探しを始めた…のかと思いきや、私はなんとAGA病院の情報を検索しはじめました。

もともとAGA治療をしたいって気持ちはあったのですが、この転職のタイミングこそが治療をはじめるベストタイミングだと感じたからです。

私は東京に住んでいるので、東京でのAGA病院に限定して探したのですが、その中でも特に良さそうなのが銀クリAGAという病院でした。

東京の病院情報はここで詳しく書かれています。AGA病院東京.biz

結局、この病院でカウンセリングを受けて、治療計画を立てて治療を始めることになりました。

今後の治療経過なども、このブログで公開していきたいと思います。

コメントはまだありません

髪に良いサプリメント

最近髪に栄養を与えるための薄毛サプリメントが人気だといいます。髪の悩みをサプリメントで解決することはできるのでしょうか。薄毛にならないためには、髪の量を増やし、髪をより太くすることです。髪を育てるには育毛剤の使用がよいという人は多いですが、サプリメントも使い方によっては髪の成長を助けることができます。

どんなサプリメントを使うと、薄い髪や、抜けやすい髪の対策をすることができるでしょうか。サプリメントで薄毛の悩みを解消するという方法は色々とあります。ビタミンA、ビタミンB群、鉄、亜鉛のサプリメントは白髪や抜け毛予防になります。ビタミンA、B群には抜け毛を抑える効果があります。

発毛効果がある栄養成分は亜鉛と鉄です。頭皮の血行をよくするビタミンEも大事な栄養素です。髪の毛の発育に効果的な栄養成分は亜鉛と鉄、葉酸です。髪は、メンタルの状態に左右される場合があります。ストレスを和らげ、気持ちをリラックスさせるサプリメントも、髪の悩みに効果的です。

ストレスが軽くなったら、髪の問題もうまくいったということもあります。ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、マグネシウムなどが、ストレスを緩和する効果がある栄養素です。健やかな髪を育てるためには、気持ちのイライラに振り回されないよう、ストレス緩和のサプリメントを使うといいでしょう。

目の状態は、髪とつながりがあるともされています。ビタミンAを摂取することは、目にいいだけでなく抜け毛にも効果的です。髪の毛に良いとされているサプリメントはさまざまありますので積極的に抜け毛対策に取り入れてみましょう。薄毛サプリメントのおすすめはこちらで探してみてください!

コメントはまだありません

全く新しい発毛法!女性薄毛の強い味方HARG療法

女性薄毛に効果があるとされ近年注目されているのが薄毛の新治療法、HARG療法です。 HARG療法とはHair(毛髪)、Re-generative(再生)、theraphy(治療)の略称であり、男性だけではなく女性にも高い効果があるのが特徴とされています。 ここでは業界内でも注目されているHARG療法について紹介したいと思います。

HARG療法は発毛と育毛だけではなく、脱毛抑制を重点的に見ており抜けない髪作りを目指しています。 HARG療法は体のあらゆる部位の材料となる幹細胞から抽出したタンパク質AAPEを用いて毛母細胞を活発化させ発毛させるため女性薄毛にも効果的です。 また、HARG療法ではHARGカクテルと呼ばれる代謝を助ける育毛栄養剤を使うため、女性薄毛を予防する髪作りを行うことができます。

このようにHARG療法はただ髪を生やすだけではなく脱毛を予防する髪作りを目指しています。 また、HARG療法で使われるオリジナルローションは男性用だけではなく女性にも使えるよう調整されているため女性薄毛で悩む方の強い味方となってくれます。 女性薄毛に対応したAGA治療は数少ないため、HARGは女性にとって心強い味方となってくれるでしょう。

コメントはまだありません

髪の悩みには亜鉛サプリメント

髪の毛の悩み解消に役立つサプリメントとして今亜鉛が注目されているといいます。亜鉛を摂取することで、毎日の食べ物などで補給するたんぱく質を髪にすることが可能になります。

つまり、どんなにたんぱく質を補給しても、亜鉛が足りないと髪はふえません。おおよそ、3から15ミリグラムの亜鉛を一日で摂取するのが望ましいといいますが、髪のためには30mgくらい飲んでみてください。

もしも、普段の食事から亜鉛を確保しようとすれば、比較的亜鉛が多い肉でも相当たくさん食べる必要があります。やはりサプリメントで亜鉛を摂取するほうが効率的だといえるでしょう。

亜鉛は髪にとって有効な成分ですがサプリメントによって1度にたくさん摂取すると頭痛や吐き気などの症状が現れる場合があります。体内の亜鉛の量が増えすぎないよう、空きっ腹には飲まない、一日複数回に分けて摂取するといった注意が大事です。

もしも副作用が出てしまったら、サプリメントによる亜鉛の摂取量を控えてみてください。サプリメントで亜鉛を取り入れる時は、体内のミネラル量が亜鉛に偏らないように、ビタミンやカルシウムなども摂取します。

同じ量だけを飲み続けるという飲み方ではなく、毎日の食事内容と対応させるのもいいでしょう。慣れてくればだんだん自分に合った量が分かってくるでしょう。髪の悩みを抱えている人はぜひ亜鉛のサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません