薄毛治療の内服薬には、プロペシアやロテニンなどがあります。 これらは男性用で、女性が服用することはできませんでした。女性薄毛の場合には、外用薬や育毛メソセラピーなどの治療方法が用いられていましたが、外用薬は内服薬に比べて効果が出にくく、育毛メソセラピーは高額の治療費がかかるというデメリットがありました。

しかし、女性薄毛に対応できるパントガールという内服薬の出現で、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症の場合には、薄毛や抜け毛を改善して発毛を促す効果を得られるようになりました。パントガールは世界でも効果と安全性が認められた女性薄毛の治療薬で、費用を抑えた薄毛治療が手軽に行えるようになったと言われています。 また、副作用も少なく安全性も高いので、長期に渡って安心して利用することができるのではないでしょうか。

入手方法は、医師に処方してもらうか個人輸入なので購入する方法があります。 実際に使った方のほとんどが、使用後1ヶ月くらいで、髪に弾力が出たり、ハリやコシが出たりしてきたと効果を実感しているようです。なかなか育毛剤の効果が得られなかったりしている場合にはパントガールを使ってみるといいかもしれませんね。

最近だとパントスチンっていう外用薬も開発されたみたいです。最先端の病院などでは治療に活用されているようです。パントスチンは女性のFAGAに特化した育毛剤だと聞いています。また後日パントスチンを取り上げて記事にしてみたいと思いますのでお楽しみに!

【関連】見栄っ張りの女性を襲うAGA