Posts tagged - 若ハゲ

若ハゲのケアに気を配った美容院を利用しよう

今や4人に1人が悩んでいるとされる若ハゲ。 帽子やウィッグを使用する方も多いですが、薄毛は髪型を変えるだけでも自分のイメージアップにつなげることができます。 若ハゲや薄毛に悩む方は美容院を利用する際、頭皮のケアを行ってくれる店を選ぶことをおすすめします。

カットやパーマ、カラーリングなどの技術的な店は若ハゲの対処にはほとんど効果はありません。 育毛や薄毛に関するプロのカウンセリングやケアを行ってくれる美容院は薄毛や頭皮を目立たなくする技術を持った美容師も多く、薄毛をカバーしながらおしゃれなヘアースタイルを楽しむことも可能です。 また髪の質だけではなく、頭皮のケアを行ってくれる美容院では使用するシャンプーも育毛に有用なものを使っていますからプロのケアを受けることができます。

美容院で使用するシャンプーによっては薄毛の原因になるものもあります。 髪のカットをする場合はヘアケアに気を配ってくれる店を利用すると良いでしょう。

若ハゲは年齢が若ければ若いほど気になってしまうものです。 中には「苦痛で死にたい」「周囲から見下されているようで死にたい」など深刻な心の悩みに発展してしまう方もいます。

若ハゲは見た目が変わってしまうため、どうしても悲観的になってしまいます。 一度悲観的な考えを持ってしまうと、あらゆる物事に対して消極的になり引きこもりに陥ってしまうケースもあります。

若ハゲで悩むあまり自分を追い詰めてしまうのはNG。 まずは自分がこの先どうなりたいのか考えることが重要です。 「死にたい」とすべてを諦めてしまっては打開策は見つかりませんから、回復する方法を積極的に探してみることが改善への大きな一歩だと言えるでしょう。

若ハゲで人生が終わるということはありません。 薄毛が目立たない髪型に変えるなど工夫してみることで解消法が見えてくるかもしれません。 生活習慣の改善や専門の病院での治療など正しい対策を行い、症状の改善を目指しましょう。

コメントはまだありません

同級生の結婚式でハゲを馬鹿にされる

同級生の結婚式って、ある意味同窓会みたいな感じですよね?数年ぶりに再開する友人の姿を見て、おーお前太ったなぁ~、おーお前老けたなぁ~、とか。その中で一番の話題になるのが若ハゲです!

これって本人には言わず、本人がいないところで「あいつハゲたよな?」って陰口をたたかれるのは全国津々浦々共通かと思います。私自身、若ハゲの身ですので陰口をたたかれているのは自覚しています。

しかし、つらいですよね。昔は自分が上だと思っていた後輩から下に見られているのではないかとか、そういうことを考えるとブルーになります。まぁこういうこと言う時点で自分が小物だなぁって自分でも思うのですが…。

同窓会でハゲを隠すために増毛していく人もいるみたいですね。よほどハゲを隠したい執念なのでしょうが、私はそこまでは思わないですね。実際、坊主にしているハゲの人を見るとカッコいいなぁって思いますし、治療の成果が出ないのであれば自分も坊主にしようって思っていますから。

治療を決意したきっかけは転職のときだったんですが、同窓会の後とか結婚式の後に治療を開始するAGA男性は多いようです。分かりますね。ハゲってどうしてマイナスで見られてしまうのでしょうかね。文化が変わればハゲで悩むこともなくなると思うのですが、日本ではまず無理でしょうね。

後、思ったのがハゲの人を見ると不健康だって思う女性もいるみたいですよ。これは私の中の良い女性の友達から聞かされたことなのですが、そういう風にみている女性も少なからずいるってことですね。

コメントはまだありません

AGA治療を決意したのは転職のタイミングでした

私はいわゆる転職組でして、大学卒業と同時に入社した会社を3年でリタイアしました。理由はいろいろとあるのですが、一番は人間関係の軋轢に疲れてしまったことです。一部上場企業でそこそこ有名な会社ですので、親戚からは立派な社会人だと評価されることが多かったのですが、実際にはブラック企業とまでは言わなくても、とても過酷な労働環境だったと思います。

徹夜で仕事をさせたりなどは、私のころにはさすがに無くなっていましたが、それでも納期がきつく、自宅に持ち帰って寝ずにまた出社するってことは頻繁にありました。

同僚の女性社員は鬱行になってしまい、休職を繰り返していましたし、同僚で辞めた人間は1人や2人ではありません。それほど、長く務める人が少ない会社でした。

 

私は大学生のころからAGA気味の髪型をしていたので、周りの友人たちからは「はげ丸」などと呼ばれたりしていましたが、そういった職場環境の影響が更に私の頭髪を傷めつけたのです。

おかげで社会人3年目になるころには、立派すぎるほどの若ハゲになりました。満員電車でも隣になった人が自然と僕の顔を見て、そのあと生え際に視線が伸びていくのがつらかったです。

おそらく「この年でハゲて、大変だなぁ~」なんて思われていたのではないでしょうか?

そのころは仕事が忙しくて疲労困憊状態でしたので、周りからどう見られても良いやって投げやりな生活を送っていました。おかげで髪型なども寝起きに近い感じでしたし、AGA丸出しの状態でした。

 

しかし、このままでは流石にまずいなぁって思ったのです。普通に結婚して、子供を持って、幸せな家庭で平凡な人生を送っていきたい!そんな人並みの夢もありました。

そこで、まずは自分には合っていない職場環境を改めることから始めたのです。

最初は直属の上司に報告し、そのあと課長、部長、そして社長へと辞職の意を伝えました。昔ながらのピラミッド型の企業で、ホウレンソウが絶対の会社ですので、辞める時もとにかく時間がかかってうんざりしました。

3日連続で上司たちに辞職を思いとどまるようにと、説得の飲み会を開いてもらいましたが、私の意志は固く、最後は穏便に辞職することが出来ました。そのことは非常に良かったと今でも思っています。

 

その後、次の職の当てもなく止めた私は、まずは職探しを始めた…のかと思いきや、私はなんとAGA病院の情報を検索しはじめました。

もともとAGA治療をしたいって気持ちはあったのですが、この転職のタイミングこそが治療をはじめるベストタイミングだと感じたからです。

私は東京に住んでいるので、東京でのAGA病院に限定して探したのですが、その中でも特に良さそうなのが銀クリAGAという病院でした。

東京の病院情報はここで詳しく書かれています。AGA病院東京.biz

結局、この病院でカウンセリングを受けて、治療計画を立てて治療を始めることになりました。

今後の治療経過なども、このブログで公開していきたいと思います。

コメントはまだありません