AGAとは男性型脱毛症のことです。 ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが毛根に悪さをして髪を薄くしていきます。 このジヒドロテストステロンは男性らしい筋骨たくましい体を作ることに関しては素晴らしい働きをするのですが、こと頭髪となるとハゲや薄毛にしてしまうのです。

年を取ってくると髪の毛が薄くなっていく加齢による脱毛とは根本的に違います。 若くても中年でも年齢に関係なくなってしまうのがAGAなのです。

AGAは年齢に関係なく発症するといいましたが、早い男性では十代で発症する方もいるのです。 いわゆる若年性脱毛症です。 異性にモテたい盛りの男の子が若年性脱毛症になってしまうと、恥ずかしくて異性にアプローチできなかったり、女性からの口さがないののしりに晒されて女性恐怖症になってしまうこともあるようです。

十代の女性、いや女の子は相手への感情移入や思いやりに欠けていることも多く、平気で傷つけることをいってしまいがちです。 そうです、AGAは年齢に関係なく深刻な症状なのです。