Posts tagged - AGA

AGAの治療法にはどのような種類があるの?

AGAの治療法にはいくつかの種類があります。 しかも、その治療法によっては発毛を促してくれるものもあれば、これ以上、薄毛や抜け毛が悪化しないように食い止める現状維持を目指すものもあります。一般的にはAGAの治療法としてプロペシアの処方があります。 通常は1日1錠の服用となり、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、これ以上のAGAの進行を防ぐ働きがあります。

ただ、AGAといえば、このプロペシアの処方だけで終わってしまう病院も多いようです。 さらに一歩踏み込むならば、プロペシアだけでなく、ミノキシジルとの併用で治療していくという種類もありますが、これは病院によっても様々です。

AGA治療を専門に行っているクリニックでは、育毛メソセラピーという種類の治療法を取り入れているところもあります。 これはプロペシアやミノキシジルを頭皮に直接注入するというタイプの治療法で、内服薬では効果がなかった場合などに有効な治療法といえます。

個人的には初期段階ならプロペシア、後期段階なら育毛メソセラピー、終焉段階なら植毛か増毛か、って思っています。育毛メソセラピーは頭皮の毛根に直接注入できる方法で非常に有益な治療法だとされています。実際に病院を選ぶ際も育毛メソセラピー重視で選ぶ人も多いくらいです。

ちなみに、育毛メソセラピーを中心とした治療法で値段も手ごろなところは銀クリですね。東京の銀座にある毛髪専門のクリニックです。東京に住んでいる方やその近辺の県に住まれているのであれば、月に1回程度の通院で済みますので検討してみると良いですね。

コメントはまだありません

AGAの芸能人は毎日気が気ではない

AGAで悩んでいるのは一般人だけではありません。 そう、テレビに出るような有名な芸能人も薄毛で苦しんでいるのです。

考えてみれば、AGAのような見た目に直結するトラブルは、一般人よりも芸能人のほうが痛手といえるでしょう。 テレビに映ればみんなに頭の毛をチェックされてしまいます。 最近の地デジテレビは解像度が高いので、女性もシミやソバカスを隠しきれないと悩みが多いようですが、男性だって髪の薄さを隠しきれなくなっています

特にカツラを使用している有名人は本当に気を遣うと思います。 変に勢いよく頭を下げればカツラが脱げてしまうリスクが高いからです。 普通の人であれば社内や取引先にばれるくらいでしょうが、有名人ともなれば日本全国でうわさされ、2チャンネルでスレが立てられ、ユーチューブには動画がアップされてしまいます。

そんなリスクを考えてか、自分はカツラを着用している、実はAGA治療をしているとカミングアウトする芸能人も増えているのです。 いっそカミングアウトしてしまったほうが、気が楽になるのでしょう。

コメントはまだありません

AGAは近くに通院するか専門医にするか

AGAは特に早い年齢で発症した場合には、かなりの確率でコンプレックスになるでしょう。 顔は若いのに頭髪はまるで50代、60代のおじさんであれば、どんなに性格が良くても多くのOLは相手にしないものです。 男は顔じゃないよ、心だよ。 そう映画ではいいますが、男は顔じゃないよ、髪の毛だよ。 髪で悩む男性ほどそう思うでしょう。

そんな現状を打開するのであれば、皮膚科や美容外科に通院して治療を受けるのもいいでしょう。 AGAの治療は長く続く治療となることが多いものです。 薄くなっていくときも徐々に、徐々に薄れていったことでしょう。 治療をして濃くなっていくときも徐々に、徐々に濃くなっていくケースが多いと思われます。

通院する病院を選ぶときには、自宅近くで通いやすいクリニックを選ぶか、たとえ遠くても信頼の置けるAGA専門医に通院するか、選ばなければなりません。 いずれにしても、朝起きて鏡を見て髪が濃くなってきたら、嬉しくて嬉しくて誰かれ構わず話したくなるでしょう。

各都道府県にAGAを治療できる病院はあるかと思いますが、私の故郷でもある福岡でのAGA病院探しならこちらのサイトをご参考ください。AGA病院福岡.bizでは、福岡にあるおすすめのAGA専門医がいる病院が紹介されています。

年を重ねれば重ねるほど、気になりますよね、将来はげるのではないのかということ。 年と重ねるといっても、それは50代、60代の話ではありません。 みなさんもご存知のように、たとえ30代の方であっても、20代の方であっても、はげていらっしゃる方ははげています。 すこしでも将来はげないような対策、ないものですかね。

ところで、抜け毛対策のためには、頭皮を清潔に保つことが一番。 シャンプーを念入りに行い、頭皮の皮脂をしっかり落とさなければならないとお思いではないでしょうか。 実はこれ間違っているようなのです。頭皮を清潔にするためには、シャンプーを念入りに行うのではなく、シャンプー後のすすぎを念入りに行うことが大切なのです。

そして、頭皮を保湿すること。 保湿といえば、やっぱり化粧水です。 頭皮ですと直接塗るのも大変でしょうから、化粧水をスプレーボトルにいれかえ、丁寧にスプレーします。 とくに気になる生え際は念入りに。 化粧水によって、頭皮が乾燥による皮脂の分泌過多を防止してくれるのです。

コメントはまだありません

AGA治療を決意したのは転職のタイミングでした

私はいわゆる転職組でして、大学卒業と同時に入社した会社を3年でリタイアしました。理由はいろいろとあるのですが、一番は人間関係の軋轢に疲れてしまったことです。一部上場企業でそこそこ有名な会社ですので、親戚からは立派な社会人だと評価されることが多かったのですが、実際にはブラック企業とまでは言わなくても、とても過酷な労働環境だったと思います。

徹夜で仕事をさせたりなどは、私のころにはさすがに無くなっていましたが、それでも納期がきつく、自宅に持ち帰って寝ずにまた出社するってことは頻繁にありました。

同僚の女性社員は鬱行になってしまい、休職を繰り返していましたし、同僚で辞めた人間は1人や2人ではありません。それほど、長く務める人が少ない会社でした。

 

私は大学生のころからAGA気味の髪型をしていたので、周りの友人たちからは「はげ丸」などと呼ばれたりしていましたが、そういった職場環境の影響が更に私の頭髪を傷めつけたのです。

おかげで社会人3年目になるころには、立派すぎるほどの若ハゲになりました。満員電車でも隣になった人が自然と僕の顔を見て、そのあと生え際に視線が伸びていくのがつらかったです。

おそらく「この年でハゲて、大変だなぁ~」なんて思われていたのではないでしょうか?

そのころは仕事が忙しくて疲労困憊状態でしたので、周りからどう見られても良いやって投げやりな生活を送っていました。おかげで髪型なども寝起きに近い感じでしたし、AGA丸出しの状態でした。

 

しかし、このままでは流石にまずいなぁって思ったのです。普通に結婚して、子供を持って、幸せな家庭で平凡な人生を送っていきたい!そんな人並みの夢もありました。

そこで、まずは自分には合っていない職場環境を改めることから始めたのです。

最初は直属の上司に報告し、そのあと課長、部長、そして社長へと辞職の意を伝えました。昔ながらのピラミッド型の企業で、ホウレンソウが絶対の会社ですので、辞める時もとにかく時間がかかってうんざりしました。

3日連続で上司たちに辞職を思いとどまるようにと、説得の飲み会を開いてもらいましたが、私の意志は固く、最後は穏便に辞職することが出来ました。そのことは非常に良かったと今でも思っています。

 

その後、次の職の当てもなく止めた私は、まずは職探しを始めた…のかと思いきや、私はなんとAGA病院の情報を検索しはじめました。

もともとAGA治療をしたいって気持ちはあったのですが、この転職のタイミングこそが治療をはじめるベストタイミングだと感じたからです。

私は東京に住んでいるので、東京でのAGA病院に限定して探したのですが、その中でも特に良さそうなのが銀クリAGAという病院でした。

東京の病院情報はここで詳しく書かれています。AGA病院東京.biz

結局、この病院でカウンセリングを受けて、治療計画を立てて治療を始めることになりました。

今後の治療経過なども、このブログで公開していきたいと思います。

コメントはまだありません